ときのこえ 2017年12月号

真実のすばらしいニュース ケネス・メイナー

ときのこえ2017年12月1日

「フェイク(捏造された)ニュース」という言葉が世界中で取り上げられ、使われるようになりました。そのような偽りのニュースから、真実のニュースを見極める難しさは、古くから人々が経験してきたことです。

例えば、こんな「フェイクニュース」が世界で話題になりました。

あるウェブサイトのニュースは、「NASAが、『ニビル』または『惑星X』と呼ばれる惑星の軌道が地球の軌道と交差し、悲惨な結果を招く可能性が高いとの恐ろしい警告を発令しました」(2016年3月10日)という記事を掲載しました。

こういうのもありました。
「今年9月8日金曜日、アメリカで有名なお菓子、リーセスのピーナッツバターカップが、販売中止になると発表されました。『10月までに、商品棚から取り除かれます!』メーカーは、新商品の発売と、販売数の減少が原因であり、もはや製品の生産は不可能であるとしています。ハロウィーンまでは生産を続けたい意向でしたが、それもかなわないようです。私たちは、チョコレート菓子の金字塔に別れを告げなくてはなりません。安らかに眠れ、リーセスのピーナッツバターカップよ。完全になくなる前にぜひご購入を。」

また、こんなものも。
十数年前、「ハリントン大学」という機関がありました。キャンパスは風光明媚な場所にあり、カリキュラムは生徒に優しく(実際には授業は全くありませんでした)、博士課程はわずか数十万を支払えば、27日で取得可能。最終学歴の成績証明書の提出も求められないまま、必要な経歴にふさわしい単位が与えられる、ということでした。しかし、ハリントン大学は2003年に当局によって偽りの教育機関として閉鎖されました。偽大学は、偽の学士、修士及び博士号を売るオンライン上の大学で、実際には教室やキャンパスもなく、住所はルーマニアに住む男性の家だったのでした。

このように偽りがあふれる時代にあって、完全に真実であるものがいったいこの世界に存在するのでしょうか?

はい。確かに存在します。
イエス・キリストの誕生という良いニュース(福音)です。聖書は記します。

イエス・キリストの誕生の次第は次のようであった。母マリアはヨセフと婚約していたが、二人が一緒になる前に、聖霊によって身ごもっていることが明らかになった。夫ヨセフは正しい人であったので、マリアのことを表ざたにするのを望まず、ひそかに縁を切ろうと決心した。このように考えていると、主の天使が夢に現れて言った。「ダビデの子ヨセフ、恐れず妻マリアを迎え入れなさい。マリアの胎の子は聖霊によって宿ったのである。マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである。」このすべてのことが起こったのは、主が預言者を通して言われていたことが実現するためであった。
「見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」この名は、「神は我々と共におられる」という意味である。(マタイによる福音書1章18〜23節)

神様は実にユニークな方法を用いて、神の独り子イエスを人間としてこの世に生まれさせることで、世界を救おうとされました。世界の外側からでなく、世界の中に存在することによって、救おうとされたのです。

インマヌエル―「神は我我と共におられる」と呼ばれる方が、私たちを救い、贖い、神様との関係を回復させてくださいます。

私たちは、神様が私たちを深く愛してくださっていることを感謝してクリスマスをお祝いします。神様はその愛によって、イエス様を贈り物として私たちに下さったのです。私たちがイエス様を信頼するなら、私たちの人生にある恐れを克服することができるのです。

クリスマスを、文字で表すなら、愛です。

そして、クリスマスが伝えたいメッセージはなんでしょうか?

それは、聖書にこう記されています。
「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」(ヨハネによる福音書3章16節)

神様は、クリスマスの日、愛の贈り物を下さいました。「世界が必要としているものは、愛である」という言葉は真実です。私には愛が必要です。あなたにも愛が必要です。あなたの伴侶にも、あなたの子どもにも、高齢者施設で一人椅子に座っている方にも、今日、愛が必要なのです。虐待されている子どもや、たった一人で苦しんでいる子どもたちにも。

私は、皆さんが、イエス様があなたのためにお生まれになったという、この真実のすばらしいニュースを聞き、信じ、そしてあなたの人生に受け入れてくださるよう切にお祈りいたします。そうするならあなたも、イエス様と共に生きることを経験できるのです。

皆さんとソーシャルメディアでつながることができれば、うれしいです。よかったら、私の twitter@kwmaynor をフォローしてください。

(救世軍士官〔伝道者〕司令官)

  • 続きを読む>> ときのこえ誌PDF版ダウンロード