私たちの
目指す未来

OUR FUTURE
ビジョン・理念・教理
ビジョン・理念・教理

VISION

すべての人々に、
等しく救いの手を

救世軍の目標は、手助けという支援や援助にとどまらず、世界中にいる困窮者が明るい未来を描き、目指すことができる、本当の意味での「救い」の提供です。社会的に最も弱い立場にある人々に救いの手を差し伸べ、安心と安全を感じる生活を送ることができる。そのような社会を目指し活動に取り組んでいます。

この私たちが描く未来は救世軍のミッションステートメント(宣教理念)と教理に基づいたものです。

再生
万国的ムーブメントである救世軍は、公同のキリスト教会における福音主義を代表する一派である。そのメッセージは、聖書の基盤に立ち、その働き(ミニストリー)は、神の愛に動機づけられ、その使命は、イエス・キリストの福音を宣べ伝え、主イエス・キリストのみ名において、分けへだてなくすべての人々のニーズに応えることである。

解説

万国的ムーブメントである救世軍

全世界に行って、
すべての造られたものに
福音を宣べ伝えなさい。  (マルコによる福音書16章15節)

英国で始まり、世界各地で神の愛を実行する、キリスト教団体です。国際的な協力体制のもと伝道と奉仕をおこない、災害時は国際的なチームを編成し、人種や思想にとらわれずに救援活動や支援活動をおこなっています。

公同のキリスト教会における
福音主義を代表する一派

世界各地のキリスト教会が、全体として一つのキリストの体(公同の教会)を形成しています。救世軍はその一つで、プロテスタント(新教)の教会です。聖書を基盤とし、三位一体の神を信じ、礼拝し、キリストの福音の伝達を強調しているグループです。

神の愛に動機づけられる働き
(ミニストリー)

父なる神は、私たちのために御子イエスを十字架におつけになるほど、私たちを愛してくださっています。救世軍のメンバー1人ひとりが、その愛に動機づけられて、その働きのすべてをおこなっています。

その使命は、
イエス・キリストの福音を宣べ伝え、

どのような人も、主イエスの十字架の贖いを信じる信仰によって救われ、キリストに似た愛の人とされ、豊かな人生を歩むことができます。そして、イエスを信じる大勢の人々と共に復活の恵みを受けることを信じています。私たちはこの福音を世界中の人々にお伝えしています。

分けへだてなくすべての人々の
ニーズに応えることである。

人のニーズは、物質的、社会的、精神的な、そして人がなぜ生きているのかという、スピリチュアルなニーズもあります。それらすべてのニーズに応えることが、救世軍の使命です。人種や思想などを超えて、分けへだてなく、すべての人々の、特にその時代におけるニーズに応えることが、救世軍の使命です。

2008年5月13日 訳文改訂

ミッションステートメントを
ダウンロードする(PDF)
  1. われらは、旧新約聖書が神の感動によりて与えられたること、また聖書のみが、クリスチャンの信仰及び実行に関する、神の法規たることを信ず。
  2. われらは、無限に完全なる独一の神ありて、万物の創造者、保持者、また統治者にして唯これのみ、宗教的礼拝の真(しん)の対象たることを信ず。
  3. われらは、神の中(なか)に、父、子、聖霊なる三つの人格ありて、本質においては、分かつべからざるもの、権能と栄光とにおいては同等たることを信ず。
  4. われらは、イエス・キリストの人格の中に神性(しんせい)と人性(じんせい)とが結合していて、彼は正(まさ)しく真(しん)に神にして、また正(まさ)しく真(しん)に人たることを信ず。
  5. われらは、われらの最初の父母が、罪なき者として創造されたが、彼らの不従順によりてその純潔と幸福とを失い、堕落の結果、すべての人みな罪人(つみびと)となり、全く邪悪になり、またかかる者として当然神の怒りを受くべき者なることを信ず。
  6. われらは、主イエス・キリストが、その苦難と死とによりて、全世界のために償罪(しょうざい)をしたもうたゆえに、何人(なにびと)でも欲する者は救われ得ることを信ず。
  7. われらは、神に対して悔い改めること、われらの主イエス・キリストを信ずること、また聖霊によりて新たに生まれることは、救いに必要なりと信ず。
  8. われらは、われらの主イエス・キリストを信ずることにより、恩恵(めぐみ)によりて義とされること、また信ずる者はそのうちに証(あかし)を有することを信ず。
  9. われらは、救いの状態の持続は、キリストに対する信仰と服従との持続によることを信ず。
  10. われらは、「全く潔く」されることはすべての信者の特権にして、「霊と心と体とを全く守」られて、「われらの主イエス・キリストの来りたもうとき責むべき所なき」に至り得ることを信ず。
  11. われらは、霊魂(れいこん)の不滅、身体(しんたい)の復活、世の終わりの総審判、正しき者の永遠の幸福、及び悪しき者の永遠の刑罰を信ず。

私たちと一緒に
救世軍の救いの教えを
共有しませんか?

私たち救世軍の活動の全ては上記のミッションステートメントと教理に基づき行動しています。
全国の小隊(教会)では上記の教えをお祈りとともに唱えることで救世軍の救いの教えを共有することができます。時間は短いですが、あなたもぜひ小隊にお越しになり、お祈りをしてみませんか?

小隊(教会)のはたらきについて

INTERNATIONAL
POSITIONAL
STATEMENTS

世界の社会的・倫理的な問題についての救世軍の立場を示した宣言です。

あなたの支援で
救える人々がいます

あなたの小さな心遣いで貧困や病気に苦しんでいる人、教育を受けられない子どもたち、災害の被災者などを助けることができます。あなたの想いを彼らに届けることができます。ご支援という形で寄付に参加してみませんか。

寄付をしてみる