救世軍日本司令官に吉田眞中将が就任しました

吉田眞 救世軍日本軍国司令官

 6月1日付で救世軍日本軍国司令官(日本の救世軍の最高指導者)は吉田眞中将となります。

 吉田眞中将は1970年に救世軍万国士官学校(ロンドン)を卒業しました。その後、日本で小隊長、士官学校教官、本営特別運動部長の任命を受けました。

 1989年に海外士官としての任命を受け、万国本営(ロンドン)海外部南太平洋及び東アジア地域アシスタント・アンダーセクレタリー、 2年後にはアンダーセクレタリーとなりました。1993年に帰国。東京連隊長、財務管理部長、書記長官を歴任し、2004年に再びロンドンへ。万国本営にて万国書記官(南太平洋及び東アジア地域担当)として2年間、この地域の救世軍の指導をしましたが、ジョン・ラーソン救世軍前大将から日本軍国司令官として任命を受けました。

 夫人の吉田かほる中将は、日本軍国女性部会長となり、女性のための働きの責任をもちます。

吉田眞