各地の災害被災地(豪雨・強風・地震)を覚えてお祈り申し上げます。

社会鍋募金にご協力ありがとうございました。
冬期慰問活動が各地でおこなわれています。

2018社会鍋

昨年末にご協力いただいた社会鍋募金による支援活動は、年末からおこなわれています。昨年のクリスマスイブ、東京地区では街頭生活者支援がおこなわれ、大人も子どももボランティアはサンタクロースの帽子をかぶって、特別なクリスマスプレゼントを配布しました。また、各地の救世軍では、地域の高齢者や生活に困難を覚えておられる方々、小規模作業所や各種施設のニーズに応える支援をおこなっています。社会鍋募金へのご協力をありがとうございました。

主の栄光を語り伝えよう

救世軍の今年のテーマは、「主の栄光を語り伝えよう」です。
救世軍士官学校(神学校)の士官候補生友安渚が、クリスチャンになったきっかけについて語っています

第三回救世軍社会鍋俳句コンテスト開催中!

今年も社会鍋俳句コンテストを開催いたします。

社会鍋(慈善鍋)は、長年俳句の季語(冬)として親しまれて参りました。
街頭募金開始から109年。社会鍋を題材に、ぜひ一句をお寄せください。

応募方法についての詳細
社会鍋とはなんですか?

11月30日は社会鍋の日
11月30日は社会鍋の日

救世軍年次報告2017-2018

救世軍年次報告2017-2018


最新リポート



今後の予定


ニューヨーク・スタッフ・バンド(NYSB)来日記念フェア開催中!

2018年3月20日〜25日にかけて、ニューヨーク・スタッフ・バンド(NYSB)が来日し、コンサートツアーを開催いたしました。

ニューヨーク・スタッフ・バンド(NYSB)

ニューヨーク・スタッフ・バンド(NYSB)は、1887年に創設。世界の8つの救世軍本部所属のスタッフ・バンド(イギリス、カナダ、アメリカ:ニューヨーク及びシカゴ、オーストラリア、ドイツ、オランダ、日本)の中でも最古の歴史を持ち、131年目を迎えます。
高い音楽性と技術は全ての救世軍バンドを代表する存在と言っても過言ではありません。
楽隊員は救世軍の信徒と伝道者で構成され、今まで数多くの優れた演奏家を輩出しています。元ニューヨーク・フィルハーモニック首席トランペット奏者フィリップ・スミスも、かつて NYSBのメンバーでした。また、ピーター・グレアムやエリック・ボール、ジェームス・カーナウをはじめとした数多くの作曲家による NYSBのための委嘱作品の数々は、今日のブラスバンド界においても大きな影響を与える曲となっています。これまで、カーネギーホール、ロイヤル・アルバートホール、シドニー・オペラハウスをはじめとした世界の主要なホールでの演奏実績のほか、バッキンガム宮殿、国連本部などにおいても演奏を行っています。今回は1989年以来29年ぶり2度目の来日となりました。

来日を記念して、NYSBのCDやDVDなどを販売しています!

詳細はこちら!