各地の災害被災地(豪雨・強風・地震)を覚えてお祈り申し上げます。

北海道胆振東部地震 被災地支援報告

9月6日午前3時8分に発生した最高震度7の地震によって広範囲が被災、死者41人、負傷者41人、建物被害週間たった今も1,592人が避難生活を送っています。

9月6日(木)、札幌市にある救世軍の「しせいかん保育園」は札幌市の小学校、児童館、子育て支援センターとの複合施設にあるため、同小学校が避難所に指定されたことをうけて、保育園を開放し、避難者を受け入れました。

北海道胆振東部地震 被災地支援報告

帯広小隊では、停電のために断水し、様々な機能が停止した中、近隣に住む独居の高齢者へ宿泊を提供、また、近隣の人々へ食料を提供しました。

続きを読む

西日本豪雨の被災地支援(続)

西日本豪雨の被災地支援のために、各地でキリスト教会の支援ネットワークが組織されました。

広島県呉地区

2014年8月に広島市北部で起きた大規模土砂災害の被災地を支援するため、救世軍を含む地域のキリスト教会(広島宣教協力会)によって、「キリスト教会・広島災害対策室」が組織されました。

キリスト教会・広島災害対策室

今回、西日本豪雨による被害の大きかった呉地区の支援のためこの組織を母体にした、「キリスト教会・広島災害対策室・呉ボランティアセンター」が7月17日に設立されました。

続きを読む

救世軍第21代救世軍大将が就任しました

8月3日(金)、ブライアン・ペドル大将(前参謀総長)が、第21代救世軍大将に就任しました。

公開歓迎集会は、9月23日(日)英国のウイリアム・ブース大学(士官学校)でおこなわれ、インターネットを通じて配信される予定です。

ブライアン・ペドル大将とロザリー・ペドル中将
(ブライアン・ペドル大将と、万国女性部会長ロザリー・ペドル中将)

呉 地区における災害支援活動報告

救世軍では、主に呉地区と、その他の被災地域において、災害支援活動を行っております。

  • 7日(土) おにぎり配布
  • 11日(水) 愛光園給水対応
  • 12日(木) 天応地区 物資供給

呉での支援品の積み替えをしれいるところ

  • 午前、呉 地区からの依頼によって、岡山小隊長 細貝信義は、泥かき用具(シャベル、長靴、マスク等)を午前中に岡山で手配した。大阪より運搬用車両が岡山入りし、3名で呉へ向かった。(通常3時間の移動が5時間であった)、呉市にある救世軍の児童養護施設愛光園にて施設長 吉田有と合流し、ボランティアセンターへ届けた。
  • 13日(金) 天王地区
  • 14日(土) 狩留賀地区 川尻地区江田島
    断水の続く川尻 地区に給水に伺った。対応させていただく中で、認定こども園 輝(かがやき)の給水支援をさせていただくことになった。

続きを読む

尾道へ、飲料水を届ける

西日本全域に大雨特別警報が発令され、中国地方各地に豪雨に伴う洪水土砂災害が発生。尾道市では防地町と桜町で土砂崩れが起き、各1名の犠牲者が出た。

その後、7日午後より全市において断水。現在まで続いており、復旧の目処が立っていない。井戸水があるところは生活用水の確保はできるとのことだが、高齢者が多く、坂の町として名だたる尾道市は給水所へのアクセスも困難な方も多くある。

7月11日(水)福山小隊では、飲料水ペットボトル 500ml 528本及び、飲料水ペットボトル 2L 30本を準備し、尾道市に届けた。

続きを読む

一軒一軒訪ねて水を届けているところ


最新リポート



今後の予定

2018/9/23 (日)

9月23日は人身取引被害者のための祈祷日

救世軍では、毎年9月に人身取引被害者のために祈る日を定めて世界中で祈っています。今年は、9月23日となっています。

詳しく読む

9月23日は人身取引被害者のための祈祷日


広島秋の音楽祭

日時:2018年9月23日 14:00〜 入場無料
会場:救世軍広島小隊会館ホール3F
    広島市南区比治山町7-27
    082-262-3776

広島秋の音楽祭



Tag: 予定

2018/10/5 (金)

感謝祭献納集会

Harvest Festival Ingathering Meeting

日時:10月5日(金)夜7時〜

収穫のよろこびをたずさえて
ともに集い、賛美し、祈る集会です
ぜひ、おつどいください!

  • 軽快なブラスのひびき~杉並小隊バンド
  • ミュージカル「スピリット!」から合唱~JSS
  • メッセージ~伝道事業部長 山谷 真少佐
  • アップルジュースのサービスがあります

会場:救世軍杉並小隊(入場自由)
〒166-0012 東京都杉並区和田2-21-39
TEL:03-6256-8191

感謝祭献納集会



Tag: 予定

2018/10/7 (日)

秋の特別集会

救世軍神田小隊120周年記念

日程:10月7日(日)
聖別会:10:10〜

聖書のメッセージ
 ケネス ケネス&シェリル ・メイナー 大佐
 ジャパン・スタッフバンド(JSB)の演奏

パレード:13:30〜14:00

講演会:14:30〜

「山室軍平が今日に問いかけるもの」
 同志社大学教授 木原活信氏

会場:救世軍神田小隊(入場無料)
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-17
TEL:03-3237-0848

救世軍神田小隊120周年記念集会



Tag: 予定


ニューヨーク・スタッフ・バンド(NYSB)来日記念フェア開催中!

2018年3月20日〜25日にかけて、ニューヨーク・スタッフ・バンド(NYSB)が来日し、コンサートツアーを開催いたしました。

ニューヨーク・スタッフ・バンド(NYSB)

ニューヨーク・スタッフ・バンド(NYSB)は、1887年に創設。世界の8つの救世軍本部所属のスタッフ・バンド(イギリス、カナダ、アメリカ:ニューヨーク及びシカゴ、オーストラリア、ドイツ、オランダ、日本)の中でも最古の歴史を持ち、131年目を迎えます。
高い音楽性と技術は全ての救世軍バンドを代表する存在と言っても過言ではありません。
楽隊員は救世軍の信徒と伝道者で構成され、今まで数多くの優れた演奏家を輩出しています。元ニューヨーク・フィルハーモニック首席トランペット奏者フィリップ・スミスも、かつて NYSBのメンバーでした。また、ピーター・グレアムやエリック・ボール、ジェームス・カーナウをはじめとした数多くの作曲家による NYSBのための委嘱作品の数々は、今日のブラスバンド界においても大きな影響を与える曲となっています。これまで、カーネギーホール、ロイヤル・アルバートホール、シドニー・オペラハウスをはじめとした世界の主要なホールでの演奏実績のほか、バッキンガム宮殿、国連本部などにおいても演奏を行っています。今回は1989年以来29年ぶり2度目の来日となりました。

来日を記念して、NYSBのCDやDVDなどを販売しています!

詳細はこちら!