お知らせ

NEWS
ときのこえ
2020.06.17(水)

世界をみつめて – 最新ニュース2020年6月

〈全世界〉新型コロナウイルス感染拡大に対する取り組み(続報)

●日本では、


〇東京・錦糸町にある救世軍は、学校給食の停止期間中の毎週火・木曜日に「こども給食」をおこないました(5月初めから6月4日まで)。子どもたちが給食を受け取る時、楽しい気持ちになれば、と手づくりマスクや、おもちゃ等も持って帰れるよう、準備しました。

この支援活動には、近隣の「ほっともっと横川店」様、パン店の「バハギアベーカリー」様の協力をいただき、毎回、子どもたちの喜ぶメニューを提供することができました。また、関東生乳販売農業協同組合連合会様による牛乳の無償提供がありました。

全10回の前半は50食、好評のため後半は60~70食提供しました。

子どもたちを支える活動のために、と国からの特別定額給付金を前もって献金してくださる方があったことが、活動の励みとなりました。

5月14日(木)には、BS12チャンネルで放映中の番組『賢者の選択』様の取材を受けました。(『賢者の選択』はテレビ放映後〈5月29 日〉、インターネットでも見ることができます)


〇全国各地の小隊(教会にあたる)では、近隣のニーズを聞きながら支援活動をしています。岡山小隊は、就労支援施設NPO法人ステップハウス「わ!」様に手づくりマスク25枚を、特定非営利活動法人 岡山・ホームレス支援「きずな」様に、メロンパン、クッキー、お茶、手づくりマスク、 『ときのこえ』30セットを届けました(写真右)。これらを「きずな」様提供のお弁当にプラスして、街頭生活をしている方々に渡していただきました。

●世界では、英国、米国、カナダ、オーストラリア等の国々で、政府や企業などの支援を得て、大規模な給食及び衛生用品の支援がおこなわれています。その他の地域でも経済が落ち込む中、収入が激減している人々を支援する活動をしています。

(写真上より 英国で困窮家庭の支援活動に参加するユージェニー王女夫妻、インドでの出稼ぎ労働者支援、パキスタンでの母子家庭支援)

あなたの支援で
救える人々がいます

あなたの小さな心遣いで貧困や病気に苦しんでいる人、教育を受けられない子どもたち、災害の被災者などを助けることができます。あなたの想いを彼らに届けることができます。ご支援という形で寄付に参加してみませんか。

寄付をしてみる