お知らせ

NEWS
その他
2021.12.01(水)

第6回社会鍋俳句コンテスト

社会鍋俳句コンテストの募集を12月1日(水)から開始します。


「社会鍋」は俳句の季語(冬)にもなっております。救世軍の働きが日本で始まって2021年で126年を迎えますが、社会鍋は集金鍋1906年(明治)、慈善鍋(大正時代)、社会鍋1921年(大正)と名前を変えながら、皆さまの温かいご支援により続けてくることが出来ました。社会鍋俳句コンテストは、より多くの皆さんに社会鍋を知っていただくために行っております。
 
前回受賞作品  

1.広告及び募集
・社会鍋のチラシ 
・救世軍機関紙『ときのこえ』
・救世軍公式ホームページ
・コンテスト情報誌

2.応募方法
・封書、FAX 、メールで受け付け。
(ハガキでの投稿はお受けしておりません)
・一人2句まで、未発表の作品。
・応募作品の著作権は救世軍に帰属いたします。
・第6回よりペンネームは不可とさせていただきます。(選者の意向によります)

3.投稿体裁
・原則は縦書き。メールでの横書きも可。
・投稿作者の情報は投稿フォームのとおりです。

4.スケジュール
・募集スタート  2021年12月1日
・締め切り    2022年3月31日 消印有効
・発表      2022年『ときのこえ』6月1日号紙上および救世軍公式ホームページ
・授賞式     2022年6月 創立記念コンサート席上予定
(第5回救世軍社会鍋俳句コンテスト授賞式はコロナ禍のためYoutubeによる配信に切り替えて開催しました)

5.賞について
・最優秀賞    1句
・優秀賞     2句
・社会福祉部長賞 1句
・ほのぼの賞   3句
(各賞には賞状と副賞を用意いたします)

6.選者  
唐澤南海子(現代俳句協会会員、「岳」無鑑査同人、第27回 俳壇賞受賞、日本基督教団 信濃町教会員)

7.受付窓口
〒101-0051
東京都千代田区神田神保町2-17 救世軍本営
「救世軍社会鍋俳句コンテスト」係
FAX:03-3237-3588
メール: web@jpn.salvationarmy.org
受付担当 小林 誠(伝道事業部・広報・救世軍サポート会・ファンドレージング担当)

応募用紙のダウンロード

 

電子メールでの応募の場合の要項

下記の要項をweb@jpn.salvationarmy.orgにお送りください。

*が必須事項です。
お名前(姓名) *
お名前(よみがな) *
年齢 *
職業 *
メールアドレス *
電話番号 *
FAX番号
ご住所 *
1句目 *
語句中の特別な読みには仮名を添えてください
2句目
2句目があればご記入下さい。語句中の特別な読みには仮名を添えてください

あなたの支援で
救える人々がいます

あなたの小さな心遣いで貧困や病気に苦しんでいる人、教育を受けられない子どもたち、災害の被災者などを助けることができます。あなたの想いを彼らに届けることができます。ご支援という形で寄付に参加してみませんか。

寄付をしてみる