世界をみつめて - 最新ニュース2017年11月

ときのこえ 2017年11月号 より

〈メキシコ〉地震の被災地における支援活動

 9月7日夜、メキシコ南部沖でのマグニチュード8.1の地震に続き、19日、首都メキシコ・シティ周辺でマグニチュード7.1 の地震が発生しました。7日以降、救世軍の国際的なネットワークによる援助を受けつつ支援活動をしていた中での地震でした。

メキシコ南部地震の被災地における支援活動


メキシコ南部地震の被災地における支援活動

 この地震の直後には、被害を受けなかったメキシコ・シティの児童養護施設が、救援活動の拠点の一つとなりました。安全が確認されると、子どもたちは協力して軽食の準備に携たずさわり、支援品を効率よく配布する大きな手助けとなりました。他に、救世軍の小隊(教会にあたる)も、救援品の受け付けと配布をしながら、被害者の心に寄り添う支援を続けています。

メキシコ南部地震の被災地における支援活動

メキシコ南部地震の被災地における支援活動


〈中国〉救世軍の中国本土での活動が正式に承認される

救世軍は、1985年より、中国雲南省政府の招きによって、災害救援と復興支援をおこなっていましたが、このたび、中国政府の地方事務所が救世軍の登録を受理し、法的な承認を受けることができました。昆明(雲南省)と成都(四川省)にある救世軍の事務所は、災害救助・復旧、地域開発、社会奉仕、教育プログラムなどの活動に加え、各地域のキリスト教評議会と連携した宗教活動も許可されました。

救世軍の中国本土での活動が正式に承認される



 中国本土での救世軍の活動は、1916年に開始され、1949年の撤退まで、北部と東部の各州において急速に拡大していました。本土撤退後も香港での働きは維持されていましたが、 今回の承認によって、より幅広い地域における救世軍の組織的な働き、他の団体との協働と連携への扉が開かれました。プログラムには、保健教育、HIV/エイズ教育、教育スポンサーシップ、貧困緩和のための所得創出プロジェクト、インフラと資本プロジェクト、相談事業、職業訓練などが含まれています。


〈アメリカ〉2017.10.05 ラスベガスでの支援

南ネバダ州の救世軍は、ラスベガスでの悲劇的な銃乱射事件の影響を受けた人々に対して、感情的、また精神的なケアを提供しています。
国中の救世軍からラスベガス病院に集まり、緊急の輸血のために訪れてくる多くの人々のために、食べ物と水の援助をおこなっています。
この悲劇の影響を受けた家族や友人たちのために、共に祈りましょう。