岩手県大船渡 永沢仮設住宅訪問

12月31日 関東地区士官は前橋小隊を午前4時40分に出発し、新潟小隊仙台小隊も永沢仮設住宅を目指して出発。おおふなと夢商店街に到着した一行は、おおふなと夢商店街協同組合理事長 伊藤修氏を訪問した。

12時すぎには、永沢仮設住宅にメンバーも随時到着。地元の村上園芸に注文していたシクラメン花鉢120個も届いた。

14時頃から団地内の通路に分かれて子ども会とお茶っこの案内を行い、集まった子どもたちとともに、ゲームを中心にグループに分かれての対抗戦(じゃんけん汽車、リレー、ビンゴ…)などを行い、保護者や仙台から参加した家族も加わる。集会所の外では、仙台小隊長夫妻が、綿菓子とホットココアを配布した。

仮設住宅の方の話では、大晦日ということもあり、家族で買い物に出かけたり、親戚の家に出かけている人も多かったが、落ち着いて、柔らかい雰囲気の中で集りを行うことができた。

15時30分 お茶っこを開始し、民謡、パントマイム、讃美歌など自由な雰囲気の中、ゆっくりとした時間を過ごすことができた。仙台の永尾家の演奏、各歌の伴奏などもあり、近くの日本基督教団大船渡教会の村谷牧師も参加してくださった。

集会所の外では並行して配布するセットを作る。シクラメンの花鉢とタオル、メッセージカードを添えた。2人ずつ3組に分かれて、仮設住宅を声掛けしながら周り、シクラメンを配布した。不在の所にはカードにメッセージを添えて玄関口に置いた。その他、学校や施設にもお届けした。

岩手県大船渡 永沢仮設住宅訪問 岩手県大船渡 永沢仮設住宅訪問

岩手県大船渡 永沢仮設住宅訪問 岩手県大船渡 永沢仮設住宅訪問

岩手県大船渡 永沢仮設住宅訪問 岩手県大船渡 永沢仮設住宅訪問

岩手県大船渡 永沢仮設住宅訪問