北海道からの支援リポート 13・14

岩手県陸前高田市 2012年10月〜12月

 被災地では、復興がなかなか進まない中、疲れを覚えている被災者の方々に対して、救世軍は、精神的な支えを意識した支援を継続している。

 10月22日〜26日、北海道チームが、岩手県陸前高田市、気仙町の自治会館や仮設団地を訪れ、食事会(十勝豚丼を総計九百食)を開き、要請のあったジャガイモや米などを届けた。

北海道からの支援リポート13

 同時期に、救世軍人を中心に、横浜・東京からの「復興支援買い物ツアー」がおこなわれた。2泊3日の日程で、バスで被災地を回り、救世軍が支援した仮設商店街(宮城県女川町「希望の鐘商店街」と南三陸町「南三陸さんさん商店街」)で買い物をし、ホテルで宿泊をすることで、自分たちのできる復興支援をするというものであった。

北海道からの支援リポート13

 12月に入り、厳しい寒波に襲われたクリスマスにかけて、被災地の方々への支援がおこなわれた。

 詳しい写真とレポートPDF: