JICA 草の根技術協力事業 - 第2弾 始まりました!

パプアニューギニア国 東セピック州 村人による健康改善プロジェクト

~女性と子どもの生命と健康を自分たちの手で守ろう~

JICA(国際協力機構)との村づくり支援プロジェクト

 2006年から3年間、救世軍がJICAと実施してきたパプアニューギニア国ガルフ州における草の根技術協力事業(パートナー型)は、2009年3月成功裡に終了しました。

昨年11月から、JICAと新たな村落開発事業を開始しました(3ケ年度)。
名称は『東セピック州における村人による健康改善プロジェクト』で、
 ~女性と子どもの生命と健康を自分たちの手で守ろう~
というスローガンを掲げて活動しています。

 場所は、ニューギニア本島の北岸部で、前回と同じように開発途上にある熱帯の湿地帯の村々で、安全な飲み水の供給、保健衛生環境の改善を目指して、村人と話し合って生活上今みんなが困っている問題を整理し、いっしょに改善のための活動をすすめようとしているところです。

 日本の救世軍から専門のスタッフを派遣し、村人といっしょに汗を流しながら働いています。今後も皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

リーダーとの話し合い
リーダーとの話し合い

村人と水源の視察
村人と水源の視察